1. ホーム
  2. 診療科案内

内 科

病気などのときに患者さんが最初に受診し、初期診療を受ける診療科です。
さまざまな症状や病気全般を診ます。
内科は、さらに専門別に循環器内科・腎臓内科・消化器科・脳神経内科・糖尿病内科などに分類されます。

循環器内科

おもに心臓や血管の病気、高血圧などの病気に対して専門的な診断・検査・治療を行います。

対象疾患
狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、心不全、心筋症、不整脈など
症状
  • 体を動かすと胸がしめつけられるような感じがする
  • 安静時に胸がしめつけられるような感じがする
  • 脈が乱れる、動悸がする
  • 急に意識を失うまたは失いそうになる
  • 体を動かしたり仰向けに寝ると息苦しくなる
  • 足がむくむ

腎臓内科・人工透析

腎臓の病気に対しての診断・検査・治療を行います。

対象疾患
慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全など
症状
  • 足が腫れる
  • 全身がむくむ
  • 脈が乱れる、動悸がする
  • 腎機能障害を指摘された

脳神経内科

脳・脊髄・末梢神経・筋肉での病気に対して専門的な診断・検査・治療を行います。体の動きが悪くなったり勝手に動いたり、感覚がおかしくなったり、ものを考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに脳神経内科の病気を疑います。

対象疾患
胃食道逆流症、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、消化管の腫瘍やポリープ、痔疾、肝機能障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆石症、その他腹部臓器の疾患、等
症状
  • 頭が痛い
  • 喋りにくい、呂律が回らない、飲み込みにくい
  • 手足が動きにくい、力が入らない、手足の筋肉がやせてきた
  • 手足がしびれる、感覚が鈍い、痛みがある
  • 動作が鈍い、歩くとふらつく、歩きにくい、転びやすい
  • 手足が勝手に動く、ふるえる
  • ものが二重に見える、まぶたが下がる
  • 物忘れ、計算ができなくなった、字を読んだり書いたりできなくなった
  • 意識がなくなる、けいれんがある

消化器科/一般外科

食道、胃、腸の病気、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の病気に対して、専門的な診断・検査・治療を行います。
また、簡易な外科的処置や鼡径ヘルニア等に対する治療を行います。

対象疾患
胃食道逆流症、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、消化管の腫瘍やポリープ、痔疾、肝機能障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆石症、その他腹部臓器の疾患、等
症状
  • 上腹部の不快感、痛み
  • 胸やけ、吐き気、食欲不振
  • 腹痛、下痢・便秘などの便通異常
  • 下血や血便、検診による便潜血陽性
  • ピロリ菌が心配
  • 胃瘻の造設や管理 等
検査体制
CT、MRI等の画像検査の他に上部、下部消化管内視鏡検査、体外式超音波検査等を行います。

糖尿病内科

糖尿病は、その名の通り、糖尿病に関しての専門外来を担当しています。糖尿病はほかの病気と違って患者自身が食事や運動といった生活そのものに注意しなければいけません。
そのために生活をサポートする勉強会などの取り組みも行っております。

泌尿器科

腎、尿管、膀胱、前立腺、男性生殖器や排尿に関する病気に対して専門的な診断・検査・治療を行います。

対象疾患
前立腺肥大症・神経因性膀胱・過活動膀胱などの排尿障害、腎・尿管・膀胱・前立腺などの癌、腎盂腎炎・膀胱炎・前立腺炎などの炎症性疾患、腎結石・尿管結石など
症状
  • 血尿
  • 尿の勢いがない、尿の回数が多い、排尿を我慢できない、尿が残った感じがある
  • 排尿のときに痛む、熱がある
  • 検診で尿潜血を指摘された

整形外科

骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷による機能障害・損傷などに対して専門的な診断・検査・治療を行います。

対象疾患
四肢の外傷・骨折、頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症、急性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性股関節症、変形性膝関節症、末梢神経障害(肘部管症候群、手根管症候群など)、五十肩、肩腱板断裂、関節リウマチ、腱損傷、骨粗鬆症など
症状
  • 頚部痛、肩こり
  • 腰痛、背部痛
  • 肩、肘、手のいたみ
  • 股関節の痛み
  • 手・脚のしびれや疼痛
  • 膝痛、膝のぐらつき
  • 手指の奇形、変形
  • 足や足首の痛みや変形

リハビリテーション科

運動機能障害、嚥下障害、高次脳機能障害(失語症、記憶、認知症など)などの症状を対象として、専門的な診断・検査を行います。また、癌、肺炎、透析、手術後の廃用性筋力低下の患者さんにも適切なリハビリを指導します。

対象疾患
脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、神経難病、廃用症候群、慢性疼痛、頭部外傷、脊髄疾患、末梢神経障害、骨・関節疾患(骨折、変形性関節症、切断)、脳性麻痺、運動発達遅滞など

当院のリハビリテーションの特色は

  1. 入院中は365日毎日リハビリを行います。(回復期病棟)退院後は、外来でのリハビリ、訪問リハビリを行います。
  2. パーキンソン病等の難病のリハビリを行います。
  3. 小児(運動)発達障害のリハビリを行います。対象者:運動発達遅滞を伴う幼児・学童
  4. フレイル・認知障害予防のリハビリを行います。対象者:高齢者患者および家族
  5. 障害が固定した慢性期の脳卒中の患者さんに、ボットクス治療、川平法、視覚的運動錯覚療法が受けられます。
    川平法HPはこちらhttp://kawahira.org
    視覚的運動錯覚療法 論文はこちらhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/biomechanisms/23/0/23_97/_pdf
  6. 乳がん、子宮がん後のむくみや、肩の可動域制限のリハビリをけられます。
    旭川リハビリテーション病院は認定NPO法人 J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)のオフィシャルサポーターです。
    日本乳がんピンクリボン運動のHPはこちらhttp://www.j-posh.com

歯 科

虫歯や歯の根、歯周病に対して専門的な診断・検査・治療を行います。義歯の作製等を行います。

対象疾患
虫歯、歯周病など